トップバナー
home

「村の婦人学級」の紹介です。iwane-web は滋賀県湖南市岩根周辺のお店や観光、情報サイトです。 

    

A4ピッタリで地図印刷

覚えておきたいインターネットで出来る事

こなんマルシェ

東海道を歩こう

岩根山でゆっくり過ごそう

善水寺

湖南市周辺のお問い合わせ先

福祉施設




湖南市出身の著名人

 キダユカ
 パーソナリティー e-radio

 田中幸
 プロスノーボーダー

 堤早希
 なでしこリーグサッカー選手

 松長佳恵 / 松長朋恵
 なでしこリーグサッカー選手

 山中慎介
 プロボクサー  
もっと見る



掲載申込み

iwane-webでは掲載店舗を募集しています。湖南市岩根周辺で まだ掲載されていないお店がありましたらご一報下さい。無料にて掲載致します。

掲載サンプルをご覧下さい。


     

岩根で撮影された映画 「村の婦人学級」


「村の婦人学級」は岩根で撮影されたドキュメンタリー映画です。


 

撮影 : 昭和31年(1956年)
公開 : 昭和32年
製作 : 岩波映画製作所
監督 : 羽田澄子
出演 : 岩根村民
時間 : 27分
ロケ地: 甲西町岩根(現:湖南市岩根)



 

昭和31年、岩波映画製作所(作品は岩波映像株式会社及び記録映画保存センターが管理運営委託)は文部省の社会教育課が企画する婦人会活動「婦人学級」を映画に撮る為ロケ地を探していました。 最終的に岩根東がロケ地に決まり、女性監督 羽田澄子さんを中心に撮影は進められ、演出はあるものの現地の婦人学級の進行と同時に脚本が書き直され、一人一人の出演者の境遇や意見が尊重されました。 婦人会を中心に小中学生も出演し、作中には子供の作文が読まれている中で場面が展開されて行く部分もあり、その頃の小中学生の本音が発表されています。

岩根東区誌 ももづてのさと より抜粋


 

村の婦人学級の物語の大筋は当時の女性の生活を追い、絶え間なく働き続ける母親達が子育てや生活における問題や意見を交し合う「婦人会」の活動を捉えたものです。 同作品は日本のドキュメンタリー映画史としては最初期に撮影された物で映画界ではよく知られています。 また、日本映画監督協会 第一回エッセーにて羽田監督が村の婦人学級について語られています。


©岩波映像、 協力-岩根東区誌編纂委員

外部リンク

羽田澄子 処女作『村の婦人学級』のこと
岩波映像株式会社
自由工房(羽田澄子 現所属プロダクション)



スポンサード リンク
スポンサード リンク







滋賀県湖南市岩根周辺の情報なら iwane-web

 
当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2014 pc-attic All rights reserved.