トップバナー
home

全光束の解説です。 湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web はお店や観光、イベントなどの情報サイトです。 

    

A4ピッタリで地図印刷

覚えておきたいインターネットで出来る事

こなんマルシェ

東海道を歩こう

岩根山でゆっくり過ごそう

善水寺

湖南市周辺のお問い合わせ先

福祉施設

湖南市三大祭り

湖南市について

湖南市の観光

過去の記事



湖南市出身の著名人

 キダユカ
 パーソナリティー e-radio

 田中幸
 プロスノーボーダー

 堤早希
 なでしこリーグサッカー選手

 松長佳恵 / 松長朋恵
 なでしこリーグサッカー選手

 山中慎介
 プロボクサー  
もっと見る



掲載申込み

iwane-webでは掲載店舗を募集しています。湖南市岩根周辺で まだ掲載されていないお店がありましたらご一報下さい。無料にて掲載致します。

掲載サンプルをご覧下さい。


スポンサード リンク


    

全光束とは

全光束(ぜんこうそく)は光を発する物が出す、すべての光(光束)の量を表したものです。 単位はlm(ルーメン)。

光の量を表す単位には他にカンデラ(cd)やルクス(lx)などもあり、これまでにも使われる事がありましたが、これらは光の強度や角度、面積なども関係する事もあって、 LED電球ではlmが使われるようになってきています。

白熱電球では主に消費電力(W)が明るさの目安として使われてきました。 商品によっては高効率をうたう物もありましたが、 LED電球ではLEDの輝度が部品によって大きく違うため、消費電力が明るさの目安にはならなくなりました。 例えば、装飾用に使われるようなLEDランプはライトとして使えるほど明るくない割には、 LED電球の消費電力と比べてみてもそれほどの違いはありません。 そのため、LED電球では消費電力を明るさの目安にすることができないので、 元々の明るさの単位であるlmを使うようになったのです。 白熱電球でもlmで表記されていれば比較しやすいのですが。

話はそれますが、「元々60Wの電球がついてたところには60Wを付けなくてはならない」と思っている方もいますが、 通常ワット数は関係なく、40Wでも20Wでもかまいません。 あくまでその電球の消費電力を表しているだけで、標準で付いていたものより低い物であればほとんど問題はありません。 ワット数が高い物になると、発熱量や消費電力が取り付け部分のユニットにより制限がある物もあります。 ユニットの説明書などに「○○W〜○○Wの物」や「○○W以下」などと書かれている場合はそれに従うほうが良いでしょう。

LED電球の選び方 に戻る


スポンサード リンク

スポンサード リンク










湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.