トップバナー
home

三雲城址と八丈岩のご案内です。 湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web は観光などの情報サイトです。  

    

A4ピッタリで地図印刷

覚えておきたいインターネットで出来る事

こなんマルシェ

東海道を歩こう

岩根山でゆっくり過ごそう

善水寺

湖南市周辺のお問い合わせ先

福祉施設

湖南市三大祭り

湖南市について

湖南市の観光

過去の記事



湖南市出身の著名人

 キダユカ
 パーソナリティー e-radio

 田中幸
 プロスノーボーダー

 堤早希
 なでしこリーグサッカー選手

 松長佳恵 / 松長朋恵
 なでしこリーグサッカー選手

 山中慎介
 プロボクサー  
もっと見る



掲載申込み

iwane-webでは掲載店舗を募集しています。湖南市岩根周辺で まだ掲載されていないお店がありましたらご一報下さい。無料にて掲載致します。

掲載サンプルをご覧下さい。


スポンサード リンク


湖南市石部宿まつりと東海道五十三次石部宿
湖南市の東海道を歩く
石部宿場

三雲城址と八丈岩 (このページ)
うつくし松


    

三雲城址と八丈岩

三雲城は1487年に三雲典膳が佐々木六角高頼の命によって築いた城です。 1570年に織田信長により落城し、その後石垣などの資材も運び出されたようです。

東海道沿いの弘法杉からは天井川に沿って山手に進むと、間も無く舗装された道に出るのでそのまま登ります。 バイクや車の場合は、弘法杉隣の公園の横の道を住宅地に入っていき、山手に直進すればすぐに住宅を抜けます。 三雲城址と八丈岩に進む道は自然道場への入口でもあり、 ゲートが閉まっている事もあるのでその場合は徒歩で向かう事になります。 帰りに閉められる事もあるかもしれませんので、初めから徒歩の方が無難かもしれません。 途中1箇所右に曲がるところがありますが迷う事はないでしょう。

舗装が途切れるところまで進むと右手に案内看板があり、山道を少し進むと右に八丈岩、左に三雲城址に進む分かれ道になります。 写真右では見た目は結構大変そうですが、どちらも5分ほど登れば目的地に着きます。


三雲城址

三雲城址の方に少し歩くと左手に石垣が見えます。 中には大きく苔が生えている物もあり、歴史を感じることができます。 この石垣は古井戸があるところまで点々と続きます。

少し開けたところから、更に少し奥に進むと古井戸があります。 この古井戸は石垣で組まれた物で、直径は1m90cm、深さは6m20cmとなっています。

また、すぐ近くに三雲城想像図が設置されているのでご覧下さい。


八丈岩

八丈岩は三雲城からの見張り台として使われていたと思われる巨石です。 六角氏の家紋が刻まれているので是非探してみてください。

写真では周りに比較できる物が無いので分かりにくいのですが、本当に大きいです。 そしてその巨石が見事に立っている姿に感嘆することでしょう。

また、眺望も良く三雲、岩根、下田方面を見渡す事ができます。(下記写真左中央が十二坊)

湖南市の東海道を歩く に戻る


スポンサード リンク

スポンサード リンク










湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.