パソコンの基礎知識ロゴ
知っておきたい!パソコンの基礎知識

困った時の問い合わせ先 | パソコンの基礎知識





困った時の問い合わせ先

パソコンを使っていて、どうしても自分では解決できない時の問い合わせ先についてです。
問い合わせ先そのものをここに列挙するのではなく、どこに問い合わせたら良いのかが分かるようになるためのページです。

なお、近年ではソフトウェアの略称であるソフト以外に、アプリケーションの略称であるアプリが一般に使われることが多くなっているため、このページではソフトウェアをアプリと表記します。



パソコンメーカー

パソコンメーカーに問い合わせる時の原因は「機械的な不調」です。
電源が入らなくなった、画面が真っ暗なまま、カチャカチャと変な音がする、キーボードが打てない・違う文字が出る、などなど。
こういった場合はそのパソコンのメーカーに問い合わせます。
多くの場合は購入時に「困った時は」といった用紙や説明書がパソコンに同梱してあり、そこに問い合わせ電話番号などが書かれています。
分からない場合はパソコン自体にメーカー名が書かれているので、自分で調べて問い合わせるか、購入店に相談します。


プロバイダー

メールの送信または受信ができなくなった、インターネットにつながらなくなったといった場合の問い合わせ先がプロバイダーです。
プロバイダーとは、例えばNTTフレッツ光などと同時に契約したインターネット接続事業者のことで、インターネット関係の問い合わせは通常プロバイダーになります。
特に多いのがメールの送信または受信ができなくなったというトラブルで、これまでにあったことでいえばメールのセキュリティー設定が変更されたため、使っているパソコンのメール設定も変更しないといけなくなったことや、 同じくセキュリティーの問題で、古いメールソフトが使えなくなったなどです。
この場合のメール設定についてはプロバイダー次第なので、問い合わせ先もプロバイダーになります。

また近年ではインターネット上のウェブサイト(ホームページ)を見るためのアプリで、長年使われてきたインターネットエクスプローラーのサポートが終了し、最新のウェブサイトが見られなくなったといったトラブルもありましたが、 これはインターネット接続や設定の問題ではなく、アプリ自体の問題なので、問い合わせ先はアプリの販売元であるマイクロソフトになります。


アプリメーカー

多くの場合に問い合わせる先であるのがこのアプリメーカーです。
例えば年賀状の作成アプリを使っていてトラブルがあった場合は、そのアプリの販売元が問い合わせ先です。
パソコンに最初からインストールされていたものだと、それがどこのメーカーが作ったものなのか分かりませんが、この場合そのアプリを起動し、多くの場合はメニューの中に「ヘルプ」といった項目があるのでそこを開くと、 メーカー名が書かれています。
購入したパソコンによっては説明書などに添付アプリ一覧のようなものが書かれているので、先ほど確認したメーカー名を探し、そこに記載されている問い合わせ電話番号などにかけます。
アプリによってはヘルプからサポートサイトを開けられるものもあるので、そこから確認することもできます。

通常、アプリの使い方をパソコンメーカーは教えてくれません。
ただそれでもパソコンメーカーのオペレーターは少なからず、分かる範囲で付き合ってくれます。
解決しない場合はやっぱりアプリメーカーに問い合わせるように勧められます。
そもそも、他社が作ったアプリの使い方など知るはずもありませんから。


購入店への問い合わせについて

通常、パソコンの販売店はパソコンの使い方を教えてはくれませんし、トラブルについてのサポートは有料です。
例えばスキー板やスノーボードを買ったからといって、そのお店の人が滑り方を教えてくれないのと同じです。
販売店は基本的には相談窓口であって、例えばそのお店で買ったパソコンの状態がおかしい場合に、どうすれば良いのか教えてくれるといった感じです。
この「どうすれば」というのはパソコンを直してくれるというものではなく、どこに送れば良いのか、どういう手続きが必要なのかなどを教えてくれます。
そのため、自分でメーカーに問い合わせて、メーカーに送れるのであれば購入店に相談する必要はありません。
ただ一般的にメーカー修理はすごく高いので、可能であれば修理をうたっている街のパソコン修理店などに相談するのも良いでしょう。


パソコン修理店への問い合わせについて

パソコンの修理をうたっているお店では、多くの症状に対応してくれます。
特に「何が原因で、どうしたら良いのか分からない」といったことでは有力な候補です。

パソコンを使っていて特定のアプリが使えなくなったなどは、本来アプリメーカーの対応範囲なのですが、そもそもWindowsが不調な場合にはそのアプリそのものが原因であるわけではありません。
かといってマイクロソフトやパソコンメーカーに問い合わせてもWindowsを初期化することを勧められたり、それによってファイルが消えるのでバックアップを取らなくてはいけなかったりなど、 あまりパソコンについて詳しくないと、それぞれのことが正解かも分からず不安になります。
こういった場合、修理店では一通り必要なことを提案されるので、どうしたら良いのか分からない場合に有効です。

ただいわゆるメーカーサポートのような無料の相談窓口と違って有料なので、そういった相談窓口で解決しない場合に修理店に問い合わせると良いでしょう。






iwane-web 
当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2018 iwane-web All rights reserved.