パソコンの基礎知識ロゴ
知っておきたい!パソコンの基礎知識

ファイルがどこに保存されているか理解しよう。ファイルのパスとは | パソコンの基礎知識


スポンサード リンク


    

ファイルがどこに保存されているか理解しよう。ファイルのパスとは。

今回はとても重要な基礎なので、是非理解し、覚えてください。
良く分からない場合でも少し考えてみたり、日を置いてもう一度読むなどで、理解できるまで繰り返すことをおすすめします。
これさえ理解できれば、大事な写真や音楽、または色々なファイルがどこに保存されているのか分かりますし、 バックアップを取ることも簡単だからです。
中でも下記で説明する「パス」は今後いろいろなページで出てきます。
使いたいソフトの使い方を覚えるよりも先に覚えておきましょう。

昔の話。 パソコンがデータの保存ができるようになり、 さらにいくつもの保存先が選べるようになったので、 それぞれの保存先に順番を付けることにしました。
1、2、3・・・、ではなく、A、B、C・・・、という順番です。

パソコンにフロッピーディスクドライブ(以下FDD)が付くようになり、 ひとつ目のFDDがA、ふたつ目のFDDがBとなりました。
パソコンは簡単にバックアップが取れるなどの理由からふたつFDDが搭載されるのが当たり前のようになりました。

その後、FDDよりも速く大容量なハードディスクドライブ(以下HDD)が発売され、 HDDが接続されると、Cとなりました。
現在のパソコンでHDDが初めからCなのはこのためです。

HDDが複数台パソコンに内蔵されるとD、Eのように増えます。
DVDドライブなどが接続されると、D、Eというように同じように増えます。
HDDがC、Dとある場合ならDVDドライブはEになるわけです。

Cドライブにファイルを保存すると、C:\ という場所に保存されます。
これが「ファイルのパス」です。(「\」は区切り)
フォルダで分けた例 Cドライブに大量のファイルを保存してしまうと探すのが大変になります。
そのため、分けられるようにフォルダという仕組みがあります。(右図)
右クリックして「新規作成」→「フォルダ」にて新しいフォルダを作ることができます。
このフォルダは通常どこにでも作成可能で、フォルダの中にフォルダを作ることもできます。
こうすることで簡単にファイルをまとめたり分けたりすることができます。

フォルダがない場合は、全てのファイルが「C:\ファイル1」のように、 Cドライブ直下に置かれるのですが、 フォルダを作りその中にファイルを置くと、「C:\フォルダ1\ファイル1」のようになります。

この「パス」を理解できていると、多くの事で利用できるようになりますし、 正直に言ってしまうとパスを理解していることは必須で、 知らずにパソコンを使っていることはありえないほどです。

写真や音楽をパソコンに取り込むと、 Windowsは標準でそれぞれ「ピクチャ」「ミュージック」に入れてくれるのですが、 これは「スタートボタン」→「ピクチャ」にあるのではなく、 正確にはCドライブのピクチャへのパスになります。
Windows7の場合、「C:\ユーザー\○○(ユーザー名)\ピクチャ」になります。
(ユーザー名がパソ次郎の場合、C:\ユーザー\パソ次郎\ピクチャ)

Windowsは標準でユーザーデータを保存するフォルダを用意していて、 Windows7の場合、最初から「C:\ユーザー」というフォルダがあります。
そこにそのWindowsを使うユーザーが作られると、 「C:\ユーザー\○○(ユーザー名)」というフォルダが作られ、 さらにその中に「ピクチャ」や「ミュージック」のフォルダが作られます。

「スタートボタン」→「ピクチャ」などの操作は、 あくまでそこに至るまでの操作を簡単にしてくれているだけで、 実際に開いているのは「コンピュータ」から「C:\ユーザー\○○(ユーザー名)\ピクチャ」を開いているのとほぼ同じ意味です。

これらのことが理解できていると、 新たに接続された外付けHDDやUSBフラッシュメモリなどは、 EやFなどのドライブとなり、 そこへ必要なファイルを保存・コピーしたり、 そこからコピーするのも簡単なことです。



スポンサード リンク


湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.