パソコンの基礎知識ロゴ
知っておきたい!パソコンの基礎知識

ショートカットとは | パソコンの基礎知識





ショートカットとは

パソコンでショートカットと呼ばれるものにはショートカットキーもありますが、ここではデスクトップに置くようなショートカットについて説明します。
キーの方は「Windowsのショートカットキーは早目に覚える方が得!」をご覧ください。
後半ではインターネットエクスプローラーやエクセル、ワードなどのプログラムのショートカットの作成方法(デスクトップに出す方法)についても解説します。

ショートカットの例 右の画像はデスクトップにある「エクセルファイルのショートカット」と「エクセルファイル」です。
ショートカットには左下に小さな矢印が表示されているので、そこで見分けることができます。
これはどちらも開けるとエクセルが起動し、会計.xlsが開き、同じように思ってしまいますが全然違います。


そのエクセルファイルに書かれている内容を修正するのであれば同じ結果になるのですが、このふたつは、「ショートカットファイル」と「エクセルファイル」であるため、 ショートカットファイルをコピーしてバックアップしたつもりでいても、実際にコピーされているのはショートカットだけで会計.xlsはコピーされません。

ショートカットとは、そのファイルへのパスを記録しているだけのファイルです。
例えば
C:¥ユーザー¥パソ次郎¥ドキュメント¥会計.xls
のショートカットの場合、このパスを記録しているだけです。
そのため、このショートカットファイルをコピーしたところで、エクセルファイルはコピーされないわけです。

ショートカットとは、そのファイルへのパスを記録し、ショートカットをクリックすることでそのファイルを開くことができる仕組みです。
本来C:¥ユーザー¥パソ次郎¥ドキュメント¥会計.xlsを開く場合、コンピュータから辿ったり、ドキュメントから辿ったりしなければいけませんが、よく使うファイルやソフトのショートカットを、デスクトップなどに置いておくとすぐに開くことができます。
これはエクセルなどのファイルだけではなく、プログラムも同じです。

この場合デスクトップに会計.xls自体を置いておけば済む話でもありますが、必要なファイルをあちこちに置いてしまうとバックアップする時に忘れたり、手間がかかってしまうので、ショートカットを活用するわけです。
例えばエクセルファイルはすべてドキュメントフォルダの中にあって、必要なファイルのショートカットだけをデスクトップに置いておけば、ファイルはすぐに開けられるし、バックアップはドキュメントフォルダをコピーすれば、 その中のエクセルファイルは一通りバックアップできることになります。

このショートカットファイルは基本的にはどこに置いても利用できます。
デスクトップに置いていたショートカットファイルをドキュメントフォルダに移動してもそのまま使えます。
これは記録しているパスが「C:¥ユーザー¥パソ次郎¥ドキュメント¥会計.xls」である場合、どこからアクセスしてもそのファイルの場所には変わりがないからです。

しかし、ファイルの場所が変わった場合使えなくなります。

例えば上記のパスに保存していたファイルを、「D:¥パックアップ¥会計.xls」に移動した場合、すでに作っていたショートカットから、本来であれば(※1)そのファイルを開くことができなくなります。
この場合、移動したあとにそのファイルを右クリックして「ショートカットの作成」からショートカットを作り直すか、 使えなくなったショートカットファイルを右クリックし、プロパティから、ショートカットタブ内の「リンク先」というところのパスを修正することで正常動作するようになります。
下記の場合、「C:¥User¥パソ次郎¥Documents¥会計.xls」と書かれていたところを

ショートカットのパスの修正前

「D:¥パックアップ¥会計.xls」に書き直すということです。

ショートカットのパスの修正後

(※1)実はWindowsでは、本体のファイルを移動した場合でも、そのショートカットをダブルクリックすることで、移動先のファイルを開きます。
しかし他のパソコンやUSBメモリなどから移動した場合は必ずしも同じように開くわけではないため、そういった時に今回のように修正することで再びショートカットとして使うことができます。
もちろんパスを調べたり書き換えたりする手間を考えればショートカットを作り直す方が早いです。
パソコンの基礎知識としてはこういったショートカットの意味やパスを理解していることが重要です。


先にも述べたように、プログラムのショートカットも作ることができます。
Windows7以前であれば、ソフトをインストールするとほとんど自動でショートカットがデスクトップに作成されていましたが、Windows8以降ではそうではない場合もあります。

例えばInternet ExplorerやWordやExcelのショートカットを作ってほしい(デスクトップに出してほしい)と頼まれることが非常に多くなりました。
この場合も、エクスプローラー等でプログラム本体がある場所を開き、右クリックから「ショートカットの作成」で作れます。 (インターネットエクスプローラーであれば、「C:¥Program Files (x86)¥Internet Explorer¥iexplore.exe」が本体)

その他のプログラムでWindows10場合、画面左下のスタートボタンをクリックし、ソフトの一覧から目的のソフト(エクセルなど)を探し、右クリックから「その他」→「ファイルの場所を開く」で目的の場所が開きます。
プログラム本体は通常日本語ではなく、iexplore.exeのように適当に短縮されたものになっています。
プログラムは拡張子がexeのアプリケーション(実行ファイル)であるため、目的のフォルダにアプリケーションがひとつしかない場合は、それが本体です。

インターネットエクスプローラーのように、いくつもアプリケーションがある場合、ファイル名を見れば多くの場合本体が分かります。

ソフトのショートカットを作成

上記はインターネットエクスプローラーの「ファイルの場所」です。
ここにアプリケーションは上から、ExtExport、ieinstal、ielowutil、iexploreの4つ。
iexploreが本体であることは容易に分かります。

ショートカットについて解説してきましたが、今回もファイルへのパスがとても重要な基礎知識となっているので、そちらも参考にしてください。






iwane-web 
当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2018 iwane-web All rights reserved.