パソコンの基礎知識ロゴ
知っておきたい!パソコンの基礎知識

パソコン購入後の基礎 | パソコンの基礎知識


スポンサード リンク


    

パソコン購入後の基礎

パソコンを購入した直後から意識してやっておきたいことがあります。
それは、そのパソコンに必要な物はまとめて保存しておくことです。
しかし、まとめ方が煩雑になると後で困ることもあるので、どういったまとめ方をするのか説明します。


必要な物とは

パソコンを使う上で必要な物はいくつもあります。
・ パソコンに添付のCDやDVD。
・ プリンターなどの周辺機器に添付のCDやDVD。
・ 周辺機器用の備品や予備のケーブル。
・ 別途購入したソフト。
・ ソフトに必要なシリアル番号等。

Windowsやソフト等の再インストール時やセキュリティーソフトの更新時に、 特にどこにいったか分からなくなるものとしては、 そのソフトのインストールキーやシリアル番号などがあります。


おすすめの保管方法

それらはまとめて保管しておくと、忘れてしまっていても「必ずその中にある」と思えるので、 後から見つけることができます。
部品は部品、CDはCD、書類は書類のようにまとめてしまうと、 一体どれが必要な物か分からなくなることもあるので、 「パソコンに必要な物」としてまとめる方も多いようです。
しかしその場合に注意が必要なのは、
・ パソコン1台ごとにまとめる
ということです。
何台ものパソコンの備品を一緒にまとめることはおすすめできません。

全てのパソコンの備品をまとめて保管してしまうと、
どのCDがどのパソコンで使っていたのか分からなくなります。
通常、ソフトは1本に付き1台だけインストールして使うことができます。
何年もパソコンを使っていると、新しいパソコンと古いパソコン、または家族や会社であれば社員のパソコンなど、 複数のパソコンがあるため、同じソフトを何本も購入することも良くあります。
いずれかのソフトを再インストールする場合に、 一体どれがどのパソコンで使っていたものか分からず、 違うものを入れてしまって認証が通らないといったケースもあります。

とにかく重要なのが
このパソコン用
として1台ごとにまとめることです。



スポンサード リンク


湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.