パソコンの基礎知識ロゴ
知っておきたい!パソコンの基礎知識

アクセスランプを見るようになろう | パソコンの基礎知識


スポンサード リンク


    

アクセスランプを見るようになろう

パソコンには通常、「アクセスランプ」と呼ばれるLEDがあります。

デスクトップパソコンのアクセスランプ

ひとつめの写真がデスクパソコン、ふたつめの写真がノートパソコンのHDDのアクセスランプです。

ノートパソコンのアクセスランプ

このアクセスランプは基本的にはHDDが読み書きしている時に点滅します。
最近のノートパソコンでは、DVDなどの光学ドライブにアクセスランプを持たない物もあり、その場合はHDDと共用でアクセスランプを点滅させる物もあります。

アクセスランプはWindowsが起動中にはほとんどつきっぱなしのように連続して点滅し続けます。
Windows起動後、デスクトップが表示されてもまだセキュリティーソフトなどを起動させるため、それらが終わるまでは快適に使えません。
この場合にアクセスランプを見て、点滅を続けているようならなんらかのソフトが起動中、点滅がほとんど終わっていれば快適に使えるので目印になります。

ソフトによっては、使っている時に読み書きし続ける物もあるため、その間は他のソフトが快適に使えなくなる時もあります。
この間、他の処理は待たされることもあるため、いくら高額なCPUを搭載していても、低価格のCPUが搭載されたパソコンと比べても、速度的には大差はありません。
いくらCPUのコア数が多くなっても、HDDから読み出される最大転送速度は同じなのですから。
これは写真などのファイルを大量にコピーしている時も同じで、その間他のソフト、特にインターネットブラウザなどのようにページを見るたびに読み書きをするソフトは影響を受けやすいため、遅くなります。

パソコンを使っていて、何も反応がなくなる時もありますよね。
例えばショートカットをクリックしても起動しない、スタートボタンを押しても出てこないなどです。
こういった場合もまずアクセスランプを確認し、点滅しているのであれば、何かのソフトが処理を占有している場合があります。
この場合もそのソフトの処理が終わる(点滅が終わる)まで待てばその後快適に使えることもあります。

アクセスランプが点滅ではなく点灯、特に消灯している瞬間が全く無いのであれば、Windows自体が止まっている可能性があります。
この状態が数分続くようであれば、強制終了をするしかありませんが、アクセスランプがある程度付いたり消えたりを繰り返すようであれば、しばらく待ってみる方がいいでしょう。
他には定期的に、例えば2秒おきに1回点灯するというような状態が延々と続くようであれば、これもWindows自体が止まっている可能性があります。

アクセスランプは何もしていないのに連続して点滅する時もあります。
これは主にWindowsが行っていることで、パソコンが使われていない時に、Windowsが必要なファイルを整理するなどを行っているからです。
この場合はマウスポインタを少し動かすと作業を一時停止するので点滅が止まり、すぐに快適に使うことができます。
そしてまた空いた時間にそういった処理を行います。

アクセスランプを見るようになると、これらのことが読み取れるので比較的安全、理解してパソコンを使えるようになります。



スポンサード リンク


湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.