パソコンの基礎知識ロゴ
知っておきたい!パソコンの基礎知識

ゴミ箱と削除とは | パソコンの基礎知識


スポンサード リンク


    

ゴミ箱と削除とは

Windowsにはデスクトップに「ゴミ箱」が置かれています。
これは一時的な保存領域です。

パソコンにデータを保存していると、いずれいらないデータも出てきます。
そのデータを削除してしまうと、基本的には二度と元に戻すことはできません。
そこでWindowsではゴミ箱という保存領域を設けて、 いらないと判断されたものがここに保存されるようになっています。

フォルダの中にたくさんファイルが置かれていると、 特に必要かどうかも分からないファイルは邪魔です。
しかしバックアップも取っていないのに、完全に削除してしまっては二度と取り戻すことができません。
でもそこにあると邪魔という時は、 いらなさそうなファイルを別の場所に保存し、隔離したりします。
こうすることでそのフォルダ内には本当に必要なファイルだけになるのでスッキリします。
この作業を簡単にしてくれているのがゴミ箱です。

ゴミ箱に保存されたファイルはまだ削除されていません。 (ゴミ箱に保存という日本語自体に無理がありますが・・・。)
このゴミ箱は特殊なものですが、ひとつのフォルダなので開くことができ、 その中にはDELキーや削除ボタンなどでゴミ箱に移動したファイルが表示されます。
ここから「ゴミ箱を空にする」や、ファイルを個別に選択して削除すると本当に消えます。

その時に絶対にいらないと判断できる物はShift+DELでゴミ箱に入れずに削除することもできます。
ゴミ箱に大量にファイルを入れてしまうと確認するのが面倒になり、 「空にする」を選んでしまいますが、 できればゴミ箱に入れたファイルは定期的に確認し、本当にいらなければ空にしたり、個別に削除します。



スポンサード リンク


湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.