HDDを分解したままパソコンを起動 | パソコネ


スポンサード リンク


    

HDDを分解したままパソコンを起動

今回はHDDを分解したままパソコンを起動し、どこまで使えるかを実験してみました。
使ったのはエラーチェック済みで正常動作するHDD。
壊れてもいい古い物を使います。


この動画のYouTubeページ http://youtu.be/dfO50y7xH6E

壊れるので真似しないで下さい。

分解と言ってもバラバラでは動かないので、カバーを外している状態です。
そのままパソコンを起動。
時間計測のために前回使ったソフトで時間を確認します。
その後予め大量に作っておいた画像とテキストファイルをコピー、貼り付けしまくります。
実はファイルコピーを始めてすぐから、例の「カッチャン」という音がしていました。
HDDがクラッシュした時のあの音です。
それでも止まることなくファイルコピーを続けられました。
しかし、コピーを続けると次第に「カッチャン」の頻度が高くなり、 いよいよファイルアクセスに失敗した時のエラーが出てしまいました。
ただそれでも更にファイルコピーを続けると結構頑張ってくれます。
完全にアクセスできない状態にならないので、一度中断してOSをシャットダウン。
OSが起動できるか、もう一度電源を入れてみると、 「カッチャカッチャ」を繰り返し、BIOSでHDDが認識できない状態に!!!

やはりHDDは
カバーを開けただけで壊れる
ということが分かりました。

ちなみに、使ったHDDは7200rpm。
結構速くて危ないので、絶対に分解した状態で旗立てて回したり、グラインダーの代わりにしないで下さい。



スポンサード リンク

スポンサード リンク




パソコネ


トラブルシューティング


おすすめ


実験


基礎知識


コラム

自作パソコンの作り方

パソコンの基礎知識

パソコンでできること


 プライバシーポリシー



湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.