パソコンのトラブルシューティング 液晶モニター編 | パソコネ


スポンサード リンク


    

パソコンのトラブルシューティング 液晶モニター編

デスクトップパソコンもノートパソコンも、画面に何も表示されない時はまず液晶モニターの動作確認を行います。

まず、「全く何も表示されないかどうか」を確認します。
デスクトップパソコン用の液晶モニターの場合
・ 液晶モニターの電源オン
・ パソコンからの信号があれば表示
・ パソコンからの信号がなければ「信号がない」等のメッセージが表示
という流れが一般的です。

信号がない等のメッセージは日本語の場合もありますが、No Signalなど英語表記も良くあります。
そういった表示が出る場合は、液晶モニターは無事の可能性もあります。

ノートパソコンの場合、そういったメッセージは通常ないため、ここでの判別は不可能です。

その後、BIOSがブートし、何らかの表示がされる場合、液晶モニターは無事です。
Windowsの起動中などにブラックアウトしてそのまま、という場合はWindowsやパソコン本体が原因になります。

液晶モニターの動作確認で最も手っ取り早く、一般にできる方法は「違うパソコンに接続する」です。
違うパソコンに接続し、正常に表示されるのであれば、パソコン側の不良になります。
他の液晶モニターをそのパソコンに接続し、表示されるかどうかも確認できれば完全に切り分けできます。

ノートパソコンの場合でも、通常は外部モニター接続端子が用意されているので、そこに液晶モニターを接続すれば確認できます。
ノートパソコンによってはキーボード操作が必要なものもありますが、通常は接続しただけで表示されます。
されない場合はそのパソコンの説明書などをご覧下さい。


液晶モニターの修理について

液晶モニターがダメだと判別できた場合ですが、単体の液晶モニター、ノートパソコンの液晶モニターどちらにしても修理はおすすめしていません。
多くの場合は買い換えるほどに費用がかかるからです。

液晶モニターの不良によくあるケースは「回路の不良」です。
液晶が映らない(明るくならない)ため、以前であれば蛍光管、現在であればLEDの不良と考える人も多いのですが、そういったケースの方がこれまでに確認した中では圧倒的に少ないです。
回路の不良はインバーター、映像出力どちらの場合もあり、メーカー修理では通常それらの回路を丸々交換したり、一部修理でも調査に相当時間がかかるため、 単体製品の液晶モニターでも比較的修理費用はかかりますし、ノートパソコンに至っては、マザーボード(映像出力回路がマザーボード上にある)を丸々交換する場合もあるので、相当修理費用が高くなります。

液晶パネルが傷付いた、割れたなどの理由から、パネルの交換を考える方もいるのですが、需要の圧倒的に少ない単品の液晶パネルの方が、液晶モニター製品よりも高くなります。
また、パネル自体も同一の物を探す必要があり、液晶モニターの回路との接続コネクターは通常、パネルごとにバラバラです。

これらのことから、液晶モニターの修理はもはや考えにくいため、買い替えをおすすめしているわけです。
また、ノートパソコンの場合であっても、液晶側(マザー上の回路含む)がダメな場合は、外部モニターの使用をおすすめしていますし、持ち運ぶ場合ならやはり買い替えでしょう。



スポンサード リンク

スポンサード リンク




パソコネ


トラブルシューティング


おすすめ


実験


基礎知識


コラム

自作パソコンの作り方

パソコンの基礎知識

パソコンでできること


 プライバシーポリシー



湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.