自作パソコンの作り方 BIOS設定編


スポンサード リンク


    

自作パソコンの組み立て解説。基本手順とプロの技 - 完全版 BIOS設定編

自作パソコンの組み立てで多くの人が不安に感じるのがBIOS設定です。
項目自体の意味を知らなかったり、何を設定すればいいのか知らないからなのですが、 知りたければ多くの場合は日本語マニュアルが付いてくるので読めば分かりますし、 何より知る必要がなくなってきているとも言えます。
気負わず気楽に臨んで下さい。


関連ページ
自作パソコンの作り方前編
自作パソコンの作り方後編
BIOS設定編 (このページ)
Windowsインストール編
ドライバインストール編
ドライバのインストールに失敗する場合


自作パソコンのBIOS設定の基本

BIOSとは、自作PCパーツの中でマザーボードが持っているパソコンの基本設定情報です。
通常はパソコンの電源を入れたあと、VGABIOSがロードされ、次にこのBIOSがロードされます。
ここで設定する内容は時計の時刻などと共に保存されるのですが、 それを維持する為にマザーボードにボタン電池が付けられています。
そのため、パソコンが電源ケーブルにつながれていない場合に時計が初期化されるような時は、 このボタン電池が切れていることになり、当然BIOS設定も初期化されます。
多くの場合はCR2032が使われているので、そのような場合は交換して下さい。

自作パソコンのBIOS設定ではいくつかの考え方があります。

初心者 - 何もしない
初級者 - ブート項目のみ変更
中級者 - マニュアルを読みながら1項目ずつ確認し、一通り理解だけはしておくがブート項目のみ変更
上級者(エキスパート) - 新旧問わず全ての項目を覚え、理解しておく
上級者(一般的な範囲) - 新しい項目は一応目を通し頭の片隅に入れるが、基本スルー

これまでは最低でもブートデバイスの順番だけは変えなくてはいけなかったのですが、 最近(2013年7月)では初期設定でひとつの光学ドライブが1番、ひとつのHDDが2番となることもあって、 全く何もBIOS設定しなくても大丈夫な場合もあります。
ただこれはそういったマザーに限った話ですし、 例えばストレージデバイスを全くつながずにBOOTしたような場合は、 後から認識させるデバイスが1番にならないこともあります。
その場合は最低でもブートデバイスの順番は変更して下さい。

中級者となるとできれば全ての項目は理解しておきたいものです。
なぜならパソコンを使うユーザーによっては理想的な設定もあるからです。

上級者ともなるとやはり全ての項目は理解しているのですが、 それらを全て覚えているほどのエキスパートな人はそうそういません。
自作PCパーツの中でもマザーボードは新機能などを早めに搭載する必要があり、 物によっては規格が正式に策定される前にサポートすることもあります。
ただそういったものは適当に付けられた設定名称であったり、 それ自体が一般化しない場合もあります。
特に最近は機能拡張などで設定項目が以前よりも遥かに増えていて、 それを覚えるだけでも大変なのに、近い将来枯れるような設定内容をいちいち覚える必要も無く、時間の無駄にしかなりません。
もちろん覚えるべきものは新しい物でも覚える方が良いので、 その辺の見極めも必要になってきます。
多くの項目を覚えていて役にたつのかというと、必ず役に立ちます。
今でもBIOS設定によりトラブルの回避が可能な時もあるので、 重要な項目はやはり全て覚えておく方がよいでしょう。

自分のパソコンの場合、詳細に設定することで有意義に活用できるのでいいのですが、 自分以外の誰かのパソコンを自作した場合、BIOS設定は可能な限りデフォルトに従う方が無難です。 なぜならBIOS設定はひょんなことからデフォルトがロードされることがあるからです。 近年で言えばAHCIが正式にサポートされたWindowsVista以降、AHCIでインストールするのが正解ではあるのですが、 BIOSのデフォルトがIDEの場合、何かのはずみにデフォルトがロードされると、OSが起動できなくなります。
また、ファンの回転数などを落とす場合も同様なので、その場合は初めから静かなファンで構成しておくべきです。


自作パソコンのBIOS設定のやり方

パソコンにキーボードやモニターなどを接続して電源を入れます。
画面に何か表示されたらしばらくの間DELキーをチョンチョンと押し続けると、BIOSメニュー画面になります。
押しっぱなしはダメですし、過度に連打するほど押さなくても大丈夫です。
初回起動時のみDELではなくF1を押す場合もあります。
現在は以前のBIOS画面と違い、UEFIのグラフィカルな物になっている場合がほとんどですが、 このメニューは「イージーモード」や「グラフィカルモード」はおすすめしません。
はじめから「アドバンスドモード」などの完全メニューで操作することをおすすめします。
写真や手順はP8B75-M LX PULSのBIOSですが、 ほとんどの場合マザーボードやメーカーを問わず同じような内容となっています。

BIOSアドバンスモード
・ 画面右上のExit/Advanced ModeからAdvancedModeに

また、言語設定は絶対に英語(通常は標準で英語)で行います。
日本語にしてしまうと意味を履き違えてしまうからで、 英単語をそのまま覚えてしまう方が確実です。
これは日本語に限らず、スペイン語がペラペラだからといってスペイン語にはせずに、 必ず英語にします。
英語の意味が分からないからと言って日本語にしても分からない事も多く、 例えば「半二重」と書かれていて、予備知識も無くこれがどういう意味でどういう動作になるか分かる人はエスパーです。
さし当たってはEnable(有効)、Disable(無効)という事だけ覚えておいて下さい。

また、ここで日付と時計を合わす事もできます。
キーボードの+と-、TABで移動などで合わせるのですが、Windowsインストール中や起動後に合わす事もできます。
極端にずれている場合は必ずここで合わせましょう。

言語と日付
・ System Language(言語)はEnglish、日付と時計を合わす

各項目ごとの詳細な説明はマニュアルにも記載されているので、 興味があるなら全て読んでおく事をおすすめします。
この設定はほとんどの場合標準設定で問題ないのですが、 商品の過渡期などでは設定しておくべき事もあります。
例えば、ストレージの転送モードが標準でAHCIになっていないなどです。
P8H75-M LX PLUSの場合、標準でAHCIですし、同時期以降に発売された物は恐らく全てAHCIでしょう。
ただ、OSとして標準でAHCIがサポートされるようになったWindows Vista発売から7が主流になってしばらくまで、 標準でIDEなどになっていました。
わざわざIDEを選ぶ必要は無いので、知っているならAHCIにする方がメリットはあります。
ただIDEで動かないわけではないので、こだわるかどうかはその人次第でしょう。

これらの設定はトラブルが起こった場合の回避やリソースの節約、パフォーマンスの向上として変更する場合もあるので、 知っているほど有意義に活用できます。

メニュー内では最低でも起動の順番は確認しておきましょう。
これも最近では標準で光学ドライブが自動で1番になっていたりもしますが、 念のため確認し、違っていれば光学ドライブを1番にします。
操作方法はマザーボードにもよりますが、多くの場合は変更したい箇所でエンターキーを押し、 出てきたメニューから変更したいデバイスを選択するというものと、 変更したい箇所でキーボードのプラスやマイナスで上や下に移動させるなどです。
商品によってはスペースキーで移動する場合もあります。

起動デバイスの変更
・ BOOTメニューから1番目のデバイスを選択しEnter、ウィンドウ内で1番にしたいデバイスを選びEnter。

設定を変更した場合、最後はEXITメニューから Save&Exit といった項目から保存して終了します。
また、何かトラブルが起こった場合や中古品を購入した場合は、 Load Default で標準設定をロードしてから設定をしなおす方が無難です。
保存する前にインストールしたいOSのメディアを入れておきましょう。
初心者の場合の設定はここまでで十分でしょう。

また最近では、こうしてCPUを取り付けて初めてブート、設定した際に、 何回か勝手にリブートを繰り返す事もありますが、 これは設定を保存適用する為にBIOS自身がやっている事で、 挙動がおかしいわけではないのでご心配なく。


中級者向けBIOS設定

できればチェックしておきたい項目を中級者向けとして紹介します。

・ VTがDisableになっているか - ハードウェア仮想化サポート。使う場合はEnable。
・ SATA ModeがACHIになっているか - NCQなどのサポート。Windowsの場合Vista以降は通常AHCI。
・ FrontPanelAudioがHDになっているか - HD/AC97の切り替え。PCケースの結線に合わせる。
・ WakeOnLANがDisableになっているか - ネットワーク経由でのブート。使う場合はEnable。
・ ハードウェアモニターのCPU温度 - CPUクーラーが正常に取り付けられているかの確認になる。
・ FAN制御項目 - 必要であれば変更。
・ 光学デバイスブートがUEFIになっているか(Windows8の場合) - 7以前の場合は必要無し。

これらはいずれも標準のままでかまいませんし、FrontPanelAudioなどは今更確認する必要もほとんどありませんが、 古くても良いPCケースを使っている場合はAC97の場合もあるので変更が必要です。
WakeOnLanは使う場合はEnableにしますが、それ以外はDisableにしておく方がいらぬトラブルを招きません。
これも普通はDisableとなっています。
他にもWakeOnKeyboardやMouseなどもあるようなら確認し、使わないならDisableにしておくべきです。

BIOSはそれ自体の挙動がおかしい、おかしくなる時もあります。 特にハードウェアモニターのモニター値や、そのページ自体の表示が正常に行われないなどです。 接続するファンなどによって改善される場合もありますが、このページ自体あまり深く気にするほどではありません。 また、良く分からない状態になった場合はLoad Defaultで初期設定に戻したり、CMOSクリアをします。 PC自体の挙動がおかしい場合はそれで改善できる場合もあります。

BIOSの更新は通常行いません。 近年のBIOSは壊れることがなかなか無く、更新に失敗しても復元が可能ですが、 かといってそれでむやみにBIOSを更新する必要はありません。 通常BIOSはバグフィックスや、未知のCPUサポートのために更新されます。 これらの更新履歴は配布されるBIOSファイルと共に確認でき、 使っているマザーのBIOSバージョン以降の更新履歴を確認し、 該当する場合にのみ更新します。

例えばAsusのP8B75-Mの場合、BIOSバージョン1401の履歴にSupport Deep S4 hibernate functionとあるので、 より詳細に電源設定をするのであればBIOSを更新する価値はあるかもしれません。

自作パソコンのBIOS設定はこの程度で十分ですし、通常は「BIOS設定のやり方」内の項目のみでかまいません。
しかし知識としては各項目を理解しておく方が有意義に活用できるので、 暇がある時にマニュアルを読んだり、調べたりすると良いでしょう。

Windowsインストール編へ



スポンサード リンク

スポンサード リンク




パソコネ


トラブルシューティング


おすすめ


実験


基礎知識


コラム

自作パソコンの作り方

パソコンの基礎知識

パソコンでできること


 プライバシーポリシー



湖南市岩根周辺の情報サイト iwane-web 

当サイト内の画像、文章等の無断使用・転載は禁止しております。
Copyrights (C) 2006-2015 iwaneweb All rights reserved.